赤ちゃんを諦める時にすべき事とは?

中絶しなければいけない状況になってしまう理由は様々です。
避妊の失敗であったり、新型コロナウイルスなどによる経済的な不安、妊婦さんが学生など社会的に未熟である、性犯罪の被害の結果の妊娠、羊水検査で子供に障害があることがわかったなど様々です。
最初にしなければいけないことは、自分をしっかりと納得させることです。
友達に相談したり、クリニックでカウンセリングを受けるのもよいでしょう。
また、父親である男性としっかりと向き合って話すのも重要になります。
日本では、女性の9人に1人が中絶を経験していると言われています。
中にはスティグマに悩まされ続けている方もいるのです。

父親との話し合いであったり、家族の協力、そして自分の中できちんと折り合いがついたなら、早めに手術の日程を決めなければいけません。
妊娠9週目以降になってしまうと、手術自体の難易度も高くなってしまいますし、母体への影響も大きくなります。
突然の妊娠でびっくりされるかもしれませんが、早めに方向性を決めることが重要になってくるのです。
その方向性を決める上でぜひ頼ってもらいたいのが、おとめクリニックのような中絶手術に理解の深いクリニックです。
妊娠、中絶の両方を行っているクリニックだけに、しっかりとしたアドバイスを貰う事ができます。
また、おとめクリニックは、無痛手術にも定評がありますので、悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。