不動産投資型クラウドファンディングで勝ち抜くカギとは

不動産投資型クラウドファンディングの中でも気軽に始められるという声があります。
その理由は概ね最低投資金額が1万円で設定されているからです。
現物不動産投資の場合には購入費用やリフォーム費用などで莫大な金額がかかることがほとんどです。
何百万円という現金を持っていなければ勝負の土壌にも立てないということも珍しくないため、気軽に投資を行ってみたいというニーズに適しているのです。

また、手続きが少ないということも魅力として取り上げられることがあります。
こちらは事業者が間に入るため、様々な労力やコストなどを負担してもらえる仕組みが取られているのです。
もちろん、その分利回りは低下してしまいますが、まず不動産投資がどのようなものなのかをはじめて確かめてみたいという投資家に適しているのです。

しかし、投資商品である以上元本割れのリスクを抱えていますし、サービス利用を目的で融資してくれる金融機関が無いためレバレッジ効果が薄いという難点もあります。
そのため、クラウドファンディング事業者を選ぶ際には慎重になる必要があると言えるでしょう。
事業者選びには情報収集が必要になるため、クラウドアンサーのようなサイトを見て回ることが大切です。

https://crowd-answer.com/articles/クラウドファンディングおすすめ