キーネットワークを介してスカウトという選択

企業は常に人材を求めています。
新卒の場合を除き、求人を出して望む人材を探すことになります。
しかし、即戦力の優秀な人材は、今他の企業に勤めて活躍している人がほとんどで、そういう人は求人に応募する可能性は低いといえるでしょう。
新卒で優秀な人材の卵を育てていくという考え方もありますが、その対価が高かったとしても、高収益をあげてくれる人材を今すぐほしいというのが、企業の本音ではないでしょうか。
欧米では、いわゆるヘッドハンティングという手法で知られていますが、実際に他の企業からの人材の引き抜きというのが当たり前になっています。
日本においては、なかなかそういうことができにくかったのが、現在は大分変わってきています。
企業は欲しい人材をリクエストし、それに沿ってスカウトエージョンが実際に対象者とアポイントをとり、面談を行って、その企業へ引き合わせるということをキーネットワークという会社が企業に変わって客観的に行ってくれます。
企業だけでなく、スカウトされた当該者にとっても、待遇改善等が行われるいい機会となるでしょう。
これからは、欧米のようにこのようなスカウトを取り入れていくことが企業の発展ならびに個人の幸せにつながっていくのではないでしょうか。