ただ商品を売るのとは違うエクセルヒューマンの販売理念

買い物をする時は私達は商品を購入するのであって、その商品に携わっている人の心意気まで買ったと思う人はあまりいないのではないでしょうか。
でも製造小売業界の中にはただ商品を販売するのではなく、その商品に関する特性や利便性はもとより、適正な価格や消費者が知りたいと思う情報をその立場に立って包み隠さず公開し、「そんな商品だから買うのだ」と納得した上で購入してもらう事を第一と考えている企業が存在します。
情報の公開は消費者にとっては喜ばしい限りですが、企業にとっては厄介な事も多いはずで、苦労も絶えない事でしょう。
それでも約50年前よりそんな素晴らしい理想をかかげてビジネスを続けているエクセルヒューマンは、パナソニックやタイガー魔法瓶といったモノづくりを大切にする日本を代表するような大企業とビジネスパートナーを結んで、約3000品目もの商品を世の中に送り出している会社です。
その中には品質によって金・銀・銅の三つのいずれかを授与される有名な賞であるモンドセレクションで五度目の金賞をとった金粉入りのカステラや三年連続受賞している大吟醸などがあります。
50年間どれだけ真摯にエクセルヒューマンが理念を大事にし着実に実践してきたが伝わってきますね。

くわしくはここをクリック!